ベランダ上裏のクラック及びシミ

ベランダ上裏のクラック及びシミ
【ベランダ上裏のクラック及びシミ】
上裏のクラックとその周りのシミから想定すると、ベランダ床面にもクラックが入り、漏水している事がわかります。
放置しておくと、躯体内部の鉄筋等が錆びて、モルタルの欠損や欠落の原因となり大変危険です。
ベランダ床面へのウレタンゴム系の防水処理をお勧めします。